ブラインドタッチのコツやタイピング速度を高める練習方法は?ゲームで楽しみながらマスター!

ブラインドタッチのコツに関する参考画像 パソコン

こんにちは。kazunoriです。

 

ブラインドタッチって最初中々覚えられないですよね。

私も出来ないから、人差し指でポチポチと押していました。w

 

でもそれだと圧倒的に作業スピードが遅いです。本当はすぐに終わるはずの文章も、全然終わらない原因となってしまいます。

だから覚えなければならないのですが、実際どうやって覚えていけばいいのかわからないですよね。

 

そこで今回は、

  • ブラインドタッチのコツや練習方法
  • ブラインドタッチにおすすめなタイピングゲーム

について紹介していこうと思います!

ブラインドタッチを覚えるコツ!

ブラインドタッチは、特に今までパソコンに触っていなかった方が出来ないと思います。

例えば、

  • 授業で習わなかった
  • 仕事で使うこともなかった

などです。

 

そんな方でも練習すれば出来るようになるので、これから紹介する覚え方を参考に練習していってくださいね!

ブラインドタッチが苦手な理由を考える

まずブラインドタッチが苦手な理由はなんでしょうか?

  • パソコンに触れてこなかった
  • スマホで十分だった
  • 重要性に気づいていなかった

等様々あるかと思います。

 

一番多いのは、パソコンにあまり触れる事が無かったパターンですね。

なぜならブラインドタッチは老若男女誰でも出来ます。

 

簡単だ!とは言わないですが、単純にい触れていないから覚えられないだけです。

なので練習さえすれば誰でも出来ます。苦手意識は練習で拭い去ってくださいね!

スピードを後回しにする

ブラインドタッチ=速いというイメージを持っている方がいらっしゃいます。

ですがまずは、

「スピードはガン無視して、ブラインドタッチに集中する」

ことが大事です。出来てからスピードを考えていきましょう。

 

例えば、今までブラインドタッチが出来なかったから、パソコンのキーボードを見ながら、

は→ha い→i

と人差し指だけで打っていたとします。私がそうでした。w

 

この動作を、スピードは何秒かかろうとも間違えようとも、見ずに使う指や指の位置を考えて打ってください。

最初わからない段階であれば、キーボードをチラ見しても大丈夫です。

その後に見ずに打つよう心がけましょう。

正しいフォームで行おう!ホームポジションの徹底

スピードをガン無視するといいましたが、同時並行で正しいフォームを覚えていってください。

こちらがおくべき指の位置です↓↓

ブラインドタッチのコツに関する参考画像

左手

  • 人差し指→F
  • 中指→D
  • 薬指→S
  • 小指→A

右手

  • 人差し指→J
  • 中指→K
  • 薬指→L
  • 小指→;

この指の位置を徹底してください。

 

eやrなどを中指、人差し指で打った後も必ずホームポジションに戻すように意識しましょう。

戻さない癖がついてしまうと、結局自分の指がどこにあるのかわからなくなって、下を見てしまいます。そうなるといつまでも覚えられなくなるので注意しましょう。

 

基本的には上下は同じ指で操作します。

ですが、人差し指だけはこちらの2エリアをカバーしましょう↓↓

ブラインドタッチのコツに関する参考画像

 

最初は届かないと不便かもしれません。

その理由はおそらく手がまだ緊張して、動きが固いからです。

 

慣れて自然に指が動くようになれば、楽に届くようになりますよ。それまではやりづらくても徹底するようにしてくださいね。

 

下は絶対に見ない

少しチラ見していいよ!と言いましたが、それはキーボードの配置を覚えていない時のお話です。

覚えたのなら下は絶対にみないようにしましょう。

 

指で間違ってもいいから押してみてください。

例えば見ずに左手の人差し指で「T」を押すとします。

 

間違えるとしたら「R」「Y」辺りでしょう。

であればRの右にTがあるわけなので、その事実を覚える練習をしてください。

 

覚えてない段階であれば多分右だった、多分左だったみたいに間違える覚悟で押してみましょう。

とにかく下をみないこと!これを徹底してください。

い・う・お・あ・えで指や手に覚えさせる

あいうえおではなく、いうおあえで覚えましょう。

それは、

  1. 右手→いうお
  2. 左手→えあ

の順に練習するからです。

 

キーボードはローマ字で入力すべきですから、母音の「IUOEA」を押す練習をします。

そこからか行さ行と順番にゆっくりと10回ずつ練習するようにしましょう。

 

練習の順番はこちらをご覧ください↓↓

い・う・お・あ・え に・ぬ・の・な・ね
き・く・こ・か・け ぢ・づ・ど・だ・で
ひ・ふ・ほ・は・へ ぎ・ぐ・ご・が・げ
ゆ・よ・や し・す・そ・さ・せ
ぴ・ぷ・ぽ・ぱ・ぺ り・る・ろ・ら・れ
きゃ・きゅ・きょ ち・つ・と・た・て
ひゃ・ひゅ・ひょ を・わ
ぴゃ・ぴゅ・ぴょ び・ぶ・ぼ・ば・べ
み・む・も・ま・め じ・ず・ぞ・ざ・ぜ

ブラインドタッチにおすすめなタイピングゲーム!楽しみながらタイピング速度を高める

ブラインドタッチはタイピングゲームで楽しみながら覚えることがおすすめです。

私が楽しんでいたタイピングゲームがこちらです↓↓

タイピングゲームはこちらから

 

中でも寿司打がおすすめです!

寿司打でまずは簡単な初心者向けのものからスタートしてみましょう。

 

いきなり難しいものを行なってしまうと、出来ないー!って挫折にも繋がります。

まずはミスタイプがあってもいいですから、とにかく打ち切ってください。

 

打ち切ったら次にミスタイプを意識しましょう。

ミスなく、文字数も増えたならば次は中級→上級とレベルを上げていきましょう。

 

この際はルールとして、遅かろうがブラインドタッチで行うようにしてください。

そこまで終わればブラインドタッチも速度が高まっているはずです。

 

高まればパソコンで行える作業の幅が広がりますので、必ずマスターするようにしてくださいね。

まとめ

今回は、

  • ブラインドタッチのコツや練習方法
  • ブラインドタッチにおすすめなタイピングゲーム

について紹介しました。

 

ブラインドタッチを覚えると、覚える前と比べたら何十分の一位まで作業時間を短縮することが出来ます。

事務職をしている方は特にですが、普段終わらなかったはずの仕事があっという間に終わるようになるのです。

 

一番いけないのは後で覚えればいいやと後回しにして、違ったフォームで突き進むことです。

一度違ったフォームで覚えてしまったら、中々癖が抜けなくなってしまいます。

出来ないなら今すぐにでも上記を参考にチャレンジし、覚えていってくださいね!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。